店舗型ヘルスの求人選び

女性主義なお店なのか?は非常に重要

今の日本社会には男女平等という言葉があり、女性も活躍できる場がある。そんな風潮になっていますが、残念ながらまだまだの部分があるのも事実。確かに、女性は女性ならではの理由で退社・休養などがあるため、なかなか難しいという部分があったり、単純に昔ながらの考えの方が「女は口を出すな!」のような方が足を引っ張っているというのもまた事実。風俗業界にも似たようなことがいえます。お店を選ぶときには現場で実際に働く人間である風俗嬢を軽視するお店があります。非常に残念なことですが。そして、そのようなお店は当然、劣悪な環境で働かせられることになるので間違いなくやめておいたほうがよいです。女性第一主義をかげているお店は今は多々存在するので、迷わずそういったお店を選択することが重要になります。

◆現場を軽視するお店
現場が大事なことは誰しも認めるところだと思います。某警察映画でも「事件は現場で起きているんだ。」という名言があります。まさにその通りで、やはり現場を軽視するお店は「悪いお店」という確率が非常に高いといえます。こればかりは入店してしばらく働いてからでないと分からない部分ではありますが、少しでも疑問に感じたら、いろいろと考えるときといえます。初めての風俗店での勤務であると、さらに判断が難しいところではあります。ただ比較対象がないだけという話なので、もし疑問に感じたのであれば言い方を変えると「自分自身にあっていないお店」とも言えます。したがって、積極的な判断をするべきかもしれませんね。

◆女性の心身的なケアを軽視するお店
どうしても心身的にハードな職業のため、やはりお店側がしっかりと風俗嬢のケアをすることが非常に大事だと言えます。
これを全くしないお店も残念ながら存在します。もちろん、風俗嬢の中でも性格として「余計なお世話」ととる女性も見えるのでお店側もケアしたくても…というジレンマがあるかもしれません。とはいえ、放っておくことはあり得ないため、心身的なケアをしないお店は「全く持って “女性主義” とはいえません」。自分自身を守るためこのような部分も重要視することが大事だと言えます。

◆無理な出勤の強要
今では非常に少なくなりましたが、出勤を強要してくるお店も存在します。風俗嬢のプライベートや体調は二の次で、出勤して当たり前のようにシフトを組むようなお店もあります。もちろん、どうしても「出勤できませんか?」というお願いはありますが、それとは全く話が違います。とにかく「出勤して当たり前」の高圧的なお店となります。

 

お店選びで忘れがちな男性スタッフ観察

「風俗で働く」。そんな一大決心したあなたに老婆心ながら1つお伝えたいことがあります。満を持して選択したお店だと思います。そのとき、どこを重視して選択しましたか?お金も重要ですし、働く環境、風俗の内容など多くのポイントがあります。ただ忘れがちというか、軽視しがちというか…存在すら意識していない。そんな寂しい思いをしているのが男性スタッフです。店舗型の風俗店になると、デリバリーヘルスなどよりも関係が深くなります。
また、いざというときに頼りになるのが男性スタッフ。この男性スタッフのチェックはちゃんとしましたか?店長はもちろんのこと男性スタッフとの関係がこじれると、せっかくいいお店で働けたとしても嫌な思いをするだけです。
したがって、男性スタッフがしっかりしているか?をチェックするのも重要です。

◆男性スタッフの女性に対する対応は?
これは入店してからでないとなかなか判断が難しいところではあります。男性スタッフが女性に対してどのような振る舞いをするのか?が重要になります。中には「風俗嬢=見下す相手」みたいな態度で接してくる男性スタッフも残念ながら存在します。まだバイト君であれば、店長レベルにクレームを入れればいいのですが、店長レベルで、このような態度をとる場合もあります。先にも書きましたが「重要な判断部分」になります。しっかりとこのような女性に対する「接し方」を見極めましょう。

◆最低限のマナーがなっているか?
接客業になるので、最低限のマナーがあるか?の判断です。風俗嬢とは関係ないと思われがちではあります。しかし、このマナーのなっていない男性スタッフが存在すると、必然的に客足が遠のいていきます。そうすると、風俗嬢は稼ぐことができないので、間接的に「迷惑を被っている」わけです。したがって、ちゃんとお客さんに対して接客ができるか?のチェックも重要になります。

◆直感でもよいので「いろいろな意味で大丈夫か?」の判断
風俗業界はいろいろな働き手が集まってきます。非常に言いにくいのですが、やはりどんくさいと思ってしまうような男性スタッフも存在します。利用する側も、そのあたりの「大丈夫か?」というようなスタッフを敏感に感じ取ります。
これも客足を遠のける1つの要因となるので、とにかく「普通に仕事ができそうな男性スタッフか?」をしっかりと見極めて人気店になりえるのか?なっているのか?などの判断材料にしたいところですね。

 

お店選びの最重要綱目の給与について

風俗店で働く理由の最たる例が「お金目的」だと思います。良い悪いは別として、やはりお金のために働くのだから当然、好条件で稼げるお店で働きたいというのは自然な流れ。ただ、一言で給与といっても実にさまざまな給与形態があるのを知っていますか?基本的にはコース料金の○○%というのが基本です。そこにプラスアルファとしてさまざまなボーナスがつきます。たとえば、指名料もボーナスの1つです。そして、このようなボーナスは店舗型と無店舗型では微妙に異なる場合があるということを頭に入れておきましょう。また、新人保証制度や、忙しい時期の特別ボーナスなどもあります。ここでいいたいのは、お店選びをするさい給与を確認するのは当たり前で、その他のボーナス関連もしっかりとチェックをしておきましょうということです。代表的な給与の紹介を以下にしていきますので、ご一読ください。

参考 : 風俗求人 いちごナビ
もっとも安心して利用できる高収入求人情報サイトです。
繁華街では、アドトラックや看板などもよく見かける業界最大手で、全国の風俗求人を網羅していると言っても過言ではありません。
今回は一般的な給与の相場などを参考にさせて頂きました。

◆基本的な計算
結局のところ「時間」となります。風俗店が独自に提供しているシステム料金からバック額が設定されます。こればかりは各お店の求人情報を見て自分自身で確認をするしかありません。通常のファッションヘルスであれば60分が10,000円ぐらいが相場といえます。ただし、あくまでこれは目安で鵜呑みにするのは危険ですのでやめてください。先にも書いたようにしっかりとお店ごとの求人情報などを参考にしてバック額を確認しましょう。

◆代表的なボーナス料金
システム時間に対してのバック額は先に書いたとおりです。この基本的なバック額以外にもボーナス的な位置づけの給与が多数存在します。代表的なところが「指名料」です。良店ともなってくると指名料は全額バックとしている場合もあります。
指名料が2,000円で、60分10,000円であれば12,000円の給与となるわけです。指名料の他にも有料オプションの一部・全額などのようにお店ごとにその設定はさまざまです。これもしっかりとどんなボーナスがあるのか?を確認しておきましょう。

◆新人保証制度
新人として入店すると困ることがあります。それが時間帯が変なシフトになると全く指名(パネル指名)されないという問題が発生します。要は、新人のため固定客がいないというわけです。これでは、稼ぐことはなかなか難しいところです。もちろん中には新人マニアが存在するため、全く来ないわけではありませんが…ともあれ、それでも少ないと言えます。ということでお店側が「出勤するだけ(お客さんがつかない)でも給与を払います」というのが新人保証制度です。上手に利用したい制度と言えます。

Author: admings on 2013年7月25日
Category: